新車、中古車購入はくるまのサンシーにお任せください。他社に負けない確かな技術と満足保証

車修理と中古車購入はやっぱり安心保証のくるまのサンシー|新潟県長岡市

 0120-55-9634

平日8:30-19:00 休日8:30-17:00(火曜日定休日)

新保店 0120-86-9634

8:00-19:00(水曜日定休日)

 

車の購入

自動車をリース契約で乗るメリットとデメリット

投稿日:

最近チラシやCMでよく見かける「マイカーリース」ですが、「月々10,800円!」とか「安くてお得!」などど強調するフレーズが多く、実際に安いのか・お得なのかがわかりにくいという声を聞きます。

ここで、自動車をリースを使って乗るメリットとデメリットについて、説明しておきたいと思います。

みなさんにとって、リースは良い選択なのでしょうか?

そもそもリースとはなに?

まず、リースとはどういうものなのか。すごくわかりにくいですよね?

リースとは、リース会社がお客様の代わりに車を購入し、お客様へ車を貸し出すということになります。ですから車の持ち主はお客様ではなくリース会社となります。

レンタカーとの違いは?

レンタカーも車を借りるは同じで、車の所有者もレンタカー会社ですが、何が違うのかというのが非常にわかり難いですよね?

リースは長期間リース会社から車を借りる契約をします。長期間というのは、3年とか5年とか7年という具合です。最近では9年なんて長期間のものもあります。

ですから、車の所有者はリース会社ですが、車を使用する人はお客様となります。

しかし、レンタカーは短期間で車を不特定多数の人に貸し出すので、所有者も使用者も基本的にはレンタカー会社となります。

また、リースの場合はリース会社が車を購入してお客様に長期間貸し出す形になりますので、本来その都度必要になる税金や諸経費・メンテナンス費用をリース会社が負担をして、契約する年数に応じて毎月一定額をお客様に支払ってもらう契約になります。

しかし、レンタカーの場合は一時的に車をレンタカー会社から借りる形になりますので、借りる期間だけのレンタル料金を支払います。

同じ借りるといっても、リースとレンタカーではこれだけ違うのです。

 

自動車をリース契約で乗るメリットは?

テレビCMなどで紹介もされています通り、支払額が一定であることや諸々の経費も含まれていることがあります。

  1. 支払額が定額でわかりやすい
  2. 税金・諸経費・メンテナンスが付いている
  3. 契約期間終了時に車をどうするか選べる

支払額が定額でわかりやすい

メリットの1つ目として、支払額が定額であるということなのですが、自動車をリースで購入する場合での最大のメリットが、「支払額が定額」になるということです。

確かにマイカーローンも支払額は一定なのですが、マイカーローンは車の購入に関する金額だけの支払いであって、毎年の自動車税や車検時の諸経費、普段の車のメンテナンスなどについての金額は支払額の中には含まれていません。

ですから、マイカーローンの場合は、その都度支払いをしなくてはいけません。

しかし、リースの場合は支払額の中に毎年の自動車税や車検時の諸経費、車のメンテナンスの金額が含まれています。(注1)なので、リース契約期間中は、車に関する支払額は一定でわかりやすくて、家計をやりくりする奥様にとっては、ありがたいメリットですね。

税金・諸経費・メンテナンスが付いている

メリットの2つ目として、1つ目にもありましたが毎年の自動車税や車検時の諸経費、普段の車のメンテナンスが期間中は付帯されているという点です。

最初のリースとはなに?でもご説明しましたが、リースはレンタカーと違って長期間車をリース会社から借りる契約になります。

ですから、その契約期間内はリース会社が車の所有者として、税金や車検諸経費・メンテナンスなどを付帯してお客様に車を貸し出ししています。

また、毎月のお支払い頂く金額にはそれらが含まれていますので、お客様がその都度支払いをする必要が無く、車の金額の中にコミコミになっていて、全てお任せでラクラクですよね。

契約期間終了時に車をどうするか選べる

メリットの3つ目は、リース期間が終了する時に車をどうするかを、色々なプランから選択することができるということです。

リースは、契約したリース期間が終了する際に車を返したり乗り続けたりと選ぶことが出来ます。

代表的なプランとして、①リース会社に車を返却する。 ②車を買い取る ③改めてリース契約を結ぶ といった感じです。

①のリース会社に車を返却するは文字通りで、もう車を使用しない場合など契約していた車をリース会社に返却して、契約を終了することです。

②の車を買い取るとは、契約していた車を気に入ったので、リース会社から購入して自分が所有者になるということです。

③の改めてリース契約を結ぶというのは、もう一度リース会社とリース契約を結び車を借りる事です。ただし、この場合は最初の5年や7年のような長期間の契約ではなく、一般的には1年毎の契約になることが一般的です。

また、これまでの車を下取りとして新しい車に乗り換えて、また新しくリース契約を結ぶというプランもあります。

このように、自動車をリース契約で乗ることのメリットをご説明しましたが、リースのメリットで一番注目するべきところは、やはり支払額が一定でわかりやすいという点でしょうね。燃料と自動車保険以外の費用が長期間一定であるということは、車は何かとお金がかかりますからありがたいことですよね。

 

自動車をリース契約で乗るデメリット

次に自動車をリース契約で乗るデメリットをご説明します。

  1. 自分の持ち物ではない
  2. リース契約の途中解約が難しい
  3. 車の状態を大きく悪化できない

自分の持ち物ではない

1つ目のデメリットとして、自分の持ち物ではないということです。

メリットの中でもお話ししましたが、リース契約で車を手に入れる場合は車の所有者はリース会社となります。

お客様はあくまで使用者であって、車をリース会社から借りている人となります。ですから、リース契約の期間中は勝手に車を売却することはできませんし、人に譲ることもできません。

リース契約の途中解約が難しい

2つ目のデメリットとして、リース契約の途中解約が難しいということです。

既にご説明しましたが、リース契約は長期間の車の貸し出しの契約を基本としていますので、契約期間(5年とか7年)を使ってもらう前提で料金を計算しています。ですから、途中で解約をする場合は、違約金(中途解約金)が必要になります。

リース会社によって計算方法は若干ことなりますが、リース期間終了前に途中で解約をする場合は、残りの期間分の料金を含めた違約金(中途解約金)を支払う必要があります。

たまにリース期間中に事故もないけど乗り換えたいという人もいるようですが、一般的にはリース期間終了まで乗られる人の方が多いですね。

車の状態を大きく悪化できない

3つ目のデメリットとして、車の状態を大きく悪化できないということです。

意図的に車を壊したり汚したりという人は余り見かけませんが、例えば、壁にドアをこすってしまった。車庫にぶつけたということは車を運転している人には大なり小なり経験があるかと思います。

また、車内で喫煙するとかペットを同乗させているなども、車内の状態を悪化させます。(たばこのにおいやヤニ汚れ・ペットのにおい・排泄臭など)後は、かなり距離を走る方も該当します。

 

では、なぜ車の状態を大きく悪化できないのでしょうか。

それは、リース契約の場合はリース料金を決める際に、リース期間終了時で予想される査定価格(残存価格)を、販売価格から差し引いてリース料金を決定しています。

リース期間終了時で車を返却するとした場合、その時の車の査定額が最初のリース契約時の予想査定額を下回った場合には、その差額をリース会社に支払う必要があるということです。

デメリットの1つ目でもご説明しましたが、あくまで車の所有者はリース会社であって、どんな使い方をしてもいいという訳ではないのです。

月々1万円のリースは本当に成立するの?

この様に、自動車をリース契約で乗ることにはお金の面ではメリットが多いですが、普段の使用環境の部分では制約がついてきてしまいます。

支払額が一定であることは魅力的ではありますが、普段の使用する環境(喫煙する・ペットを乗せる・長距離を走ることが多い等)やよくぶつけてしまうなどの運転にはあまり自信が無い、という方の場合はよく考えてリース契約をしないと5年後や7年後に余計なお金を支払わなくてはいけないことになってしまいます。

また、最近の個人向け自動車リースの広告には「月々10,800円!!」など月々の支払額の安さだけを謳った広告が多いですが、ボーナス月の支払額やリース期間終了時の残存価格の金額をしっかり確認する事が重要です。

中には「月々10,800円を支払うだけでいいんだ!」と言われる方がいらっしゃいますが、7年のリース契約をしたとして、10,800円を84回(7年間)支払ったらいくらになるでしょう?正解は907,200円です。150万円とか200万円もする軽自動車を907,200円だけ払うだけで7年間も貸してくれるうまい話はありません。

月々の支払額が少ないということは、ボーナス月の支払額が7万円とか9万円とかになっていませんか?

自動車のリース契約というのは、個人のお客様にはあまりなじみのないものですから細かいところがわかりにくく、説明されてもチンプンカンプン。

でもなんかいいみたいだから契約しました。は一番危険です。とにかく納得できるまで説明を聞いて自分の車の使う状況などをしっかり考えてからリース契約をすることをおすすめします。

 

-車の購入

Copyright© 車修理と中古車購入はやっぱり安心保証のくるまのサンシー|新潟県長岡市 , 2018 All Rights Reserved.